浄水器の性能とメンテナンス

最近では、手頃な価格で購入することが出来るようになったということもあり、多くの人が利用しているのが、浄水器です。


ポットタイプや蛇口タイプ、据え置きタイプなど様々なタイプがあります。どのタイプを選んだとしても、メンテナンスを行う必要があります。


メンテナンスは、水道水を濾過する際に使用するフィルターを交換するという事になります。

フィルターの交換時期については、ポットタイプであれば2ヶ月から3か月程度、蛇口タイプであれば2ヶ月から4か月、据え置きタイプでは半年から1年程度であることが多いようです。
なお、有害物質を取り除く性能については、据え置きタイプが最も高いと言われています。


浄水器を選ぶという場合には、その頻度についてもしっかりと確認するようにしましょう。



それほど、使用頻度が多くないという場合には、ポットタイプがおすすめです。

本体の価格も手頃で、フィルターの価格も安価であるため、安価に有害物質を取り除きたいという人におすすめです。
頻繁に大量の水を使用するという場合には、初期費用が若干高めではありますが、維持費が安価に抑えることが出来る据え置きタイプがおすすめです。

注目のロケットニュース24の情報なら当サイトにお任せ下さい。

据え置きタイプの浄水器は、頻繁にメンテナンスを行う必要がありませんので、長期的に考えると、費用を安く抑えることが出来ます。



メンテナンスを行う回数が少ないため、手間を省くことが出来るという事も据え置きタイプのメリットであると言えるでしょう。

top